古来より培われてきた伝統工法の家屋、そこには日本独自の古の知恵が凝縮されています。
伝統として受け継がれてきた知恵の多くは、見える化されいないものが殆どです。経験と勘が全てと言っても過言ではありません。

世界最古の木造建築である五重塔には地震による倒壊の記録がありません。その機構の全ては未だに解明されていませんが、五重塔に使われている制震構造を応用したのが東京スカイツリーです。
古の知恵が、最新の技術によって昇華された素晴らしい事例です。この先、伝統工法によって建てられた建物はどんどん減っていく事でしょう。その土地を知り尽くした建築工法が解明されないまま失われてしまわないよう、貴重な知恵と技術を保存していかねばなりません。

知恵を繋ぎ、新しい技術で昇華させる事、そして次の時代の安全な建物を創造する、それが建築に携わる我々の使命と感じています。

一般社団法人日本伝統再築士会大阪支部
代表理事 小玉 恵美